社長ブログ

2020.01.21

遮熱工事

積雪地にお住まいの方必見!遮熱材による屋根融雪効果について

 

雪が降らない弊害と雪が降り過ぎる弊害

 

今回は、積雪地、特に屋根の雪下ろしが必要な豪雪地帯にお住まいの方に是非ご覧いただきたいと思います。

全く灯油や電力などのエネルギーを使わない、屋根融雪についてです。

 

冬真っ盛りではございますが、本当、今シーズンは雪が少ないですね。

この雪不足は、スキー場の営業や各地の雪祭りの開催に大きな影響を与えているようです。

降るべき時に降らないのは、これはこれで問題ですね。

 

一方、雪が多ければ多いほど、建物の所有者様は不安が増していくものです。

屋根の積雪で樋が壊れた、落雪でカーポートを壊した、雪の重みで建具が開かなくなった等々。

 

雪って重いんです!

 

そうそう、雪の重さってご存知ですか?

舞うように落ちてくる新雪は、重みなどまるで感じませんが、降り積もった雪の重さは相当なものです。

根雪として固まった雪の重さは、最大1立法m辺り500kgにもなります。

100平方m程度の屋根でしたら、50トンの荷重がかかる計算になります。

なんと、軽自動車50台以上!が屋根の上に乗ってることになります (°_°)

 

 

写真は、山形県内の豪雪地帯である肘折温泉での屋根雪下ろしの様子です。

スノーシューターで勢いよく雪を飛ばし、前面道路に着雪させないように川の土手に落としているようです。

ご覧の通り、大変なご苦労だと思います。( ̄▽ ̄)

 

もし屋根の雪を溶かすことができたら・・・

 

屋根の雪下ろしが必要無くなれば、積雪地帯の方には大きな朗報になるかも知れません。

現在も、様々な屋根融雪システムが発売されています。

だいたい仕組みは同じです。屋根面にヒーターを設け、その熱で融雪するものです。

もちろん有効と考えますが、ネックはコストが非常にかかるということです。

設置時のイニシャルコスト、燃料費・電気代のランニングコスト、定期的なメンテナンスコストと

最終的な廃棄コスト。

これって非常に高額になります。なかなか一般の建物に設置するには、ハードルが高い印象があります。

そこで、屋根遮熱システムのご案内です。

写真をご覧ください。

 

  

遮熱施工済の建物と未施工の建物では、屋根の雪の積もり方の違いが一目瞭然です。

もちろん、同一の建物構造です。

この一時間後、遮熱した建物は屋根に一切雪がありませんでした。

融雪と落雪の効果です。

 

単に雪が滑り落ちているだけなんじゃ?

 

という疑問を持たれた方、何を隠そう私も最初そう考えました。

そこで、この写真をご覧ください。

 

 施工中の現場です。シートを貼っているところと貼っていない所。

明らかに積雪具合に違いがありますよね。

  

この検証により、単に遮熱シートの表面の滑りやすさによって落雪しているわけではないということがわかりました。

 

如何でしょうか?

ランニングコストゼロで融雪システムの運用が可能です。

しかも、建物内部の温熱環境は非常に快適になります。もちろん省エネ効果も。

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

補足ですが、仮に建物内部が無暖房でも融雪性能を発揮します。

いわゆる地熱融雪です。

弊社で施工したビニールハウス遮熱物件の融雪効果を動画にしました。是非ご覧ください。

Youtubeに飛びます。

https://www.youtube.com/watch?v=OGsE6GXUj00

 

 本日もご覧いただきありがとうございました。

お問い合わせはこちらに

➿0120-195-110

info@north-lands.jp

 

 

 

2020.01.05

総合

あけましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき感謝申し上げます。

本年もスタッフ一同、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 北日本外装株式会社 代表取締役 菊池裕悟

2019.12.15

遮熱工事

工場・倉庫へ、窓遮熱のススメ 結露対策と寒さ対策の考察

 

いよいよ寒さも本格化してきました。

当地は暖房必須のシーズンに突入ですね。

 

室内を暖房することによって生じる困り事が結露。

特に、窓にはびっしりと濡れるように結露している、といったお宅も多いのではないでしょうか。

以下に挙げるような環境だと、症状はさらに顕著だと思います。

 

・石油ストーブ(開放型)を使用している

 

・加湿器を使用している

 

・室内で洗濯物を干している

 

・サッシが一重(断熱サッシではない)である

 

結露の主な発生要因は、湿度が高い、温度が低い、の2つです。

 

石油ストーブや加湿器の使用も、干し物も湿度上昇の要因です。

 

一方、表面温度が低い部位に結露は発生します。

断熱性能の低いサッシは、最も室内で温度が低い部位になります。露点温度が低い、と言います。

水分を含んだ暖かい空気は、表面温度の低いサッシ表面に接した際、持ちきれなくなった水分を水に変えます。

これがサッシの結露現象です。

 

対処方法は、湿気を抑える、温度を上げるといったことが考えられます。

 

湿度の上昇を抑えるには、暖房をエアコンで行う、除湿機を使用する、換気をまめに(寒いですが)、といった方法があります。

 

表面温度を上げるには、サッシに内窓を加える、断熱サッシに取り換える等が挙げられます。

サッシメーカーも盛んに宣伝してますよね。

もちろん、それなりに有効な手段です。

 

弊社では、主に工場やオフィスに窓遮熱をご提案しています。遮熱シート貼り工法です。

写真をご覧下さい。

弊社事務所内の北面窓で計測しました。

外気温は氷点下1度。室温19度、湿度54%、露点温度が9.5度。

ということは、表面温度が9.5度を下回ると結露が発生するといった状況です。

 

遮熱シートを貼った窓は21.6度!なんと室温以上でした。

 

壁面17.8度。

この壁も断熱塗料で仕上げてますので、普通のビニールクロスの壁よりは温度が高いのですが、遮熱シートにはいま一歩劣るようです。

(ちなみに、弊社事務所は無断熱のコンクリートブロック造です。 本来非常に寒いはずの建物です)

 

当然結露は生じません。遮熱シートに手を近づけると、ほのかに暖かさを感じる程です。

もちろん室内温度も上昇します。当然です。放熱ロスが圧倒的に減るので。

窓から逃げようとする暖房熱の、98%を室内側に反射するんです。

 夏は逆に太陽熱を室内に入れません。当然ですが、冷房効率は劇的に向上します。

 

あ、ただし、熱もほぼ完全に断ちますが、お日様の光も完全に遮ります(笑)。よって、住宅ではNGですね。昼でも真っ暗になります。

主に工場などにお勧めしている理由がそれなんです。

室内の照明のみで採光している施設でしたら、本当にオススメです。

 

最後に、サッシだけではなく、北面の壁も結露している、などという場合は、建物の断熱性能が不足しています。

専門業者さんにご相談してください。もちろん弊社では、断熱だけではなく、外皮遮熱による温熱環境の向上策も自信を持ってご提案させていただきます。是非お問い合わせください。

2019.11.15

外壁塗装

建築のプロも実はわかっていない、シーリングの色の選び方について

外壁の塗装工事に先立って、大事な工程の一つがシーリング改修です。

 

シーリングとは、外壁の目地やサッシ廻りに充填されているゴム状のものです。

 外壁の水密性、防水性を保つ為、また、外壁の熱や挙動による伸縮に対応するためにも非常に重要な存在です。

 通常、10年程度で劣化が始まりますので、塗膜の劣化とほぼ同じ劣化スピードです。よって、塗装工事と同時の施工が必須となります。

 

工程としては、既存のシーリングを切り取ります。

カッターを両サイドに入れて、文字通り切り取り撤去します。

 その後、テープ養生、プライマー塗布、ガン打ち(充填)、ヘラ押さえといった流れになります。

 

さて、やっと色のお話です。

シーリングの上に塗装をかける場合は塗膜で隠れるので、色は塗装の色と同系色でしたら何でも構いません。(あまり塗装の色とかけ離れると、なかなか隠蔽できずに難儀する事になりますが…)

問題は、最近多く見られるクリア仕上げの塗装の場合です。

色を付けない塗装のため、既存の外壁色がダイレクトに出ます。

新たに施工するシーリングの色も同様となります。表しになる為、お色選びは大事です。

 

このシーリング材、色が数百種類以上あるんです。ほぼ、選びたい放題です。

果たしてどう選べば良いのか?

「外壁の色に合わせればいいんでしょ?」

確かにそうなんです。でも、これって結構難しいのです。

 

写真をご覧ください。

 

クリア塗装で非常に綺麗な仕上がりです。

が、シーリングに目を向けて下さい。

やけに目立ちませんか?

 

次はこの写真をご覧下さい。

違和感を感じないのでは無いでしょうか?

 シーリングの色の濃淡でこれだけ印象に違いが出るのです。

 

もうお分かりのとおり、シーリングの色は濃く!というのが鉄則です。

これを分かっていないと、残念な仕上がりになってしまうかもしれません。

10年に一度のお色直し、是非失敗の無いようお気をつけ下さい。

2019.08.20

雨漏り補修

雨漏り110番ブログ&コラム投稿しました。

雨漏り110番ネットワーク会員による雨漏りブログ&コラムは、全国のメンバーにより投稿されています。

本日は私雨漏り110番岩手店の菊池が担当です。4度目の投稿となります。

今回はトップライト、いわゆる天窓の雨漏りについてです。

ぜひご覧ください。

https://amamori110.com/blog/3765/

 

 

2019.06.27

雨漏り補修

雨漏り110番が雨漏り多発物件を買ってみた!

 

雨漏り110番ネットワーク会員による雨漏りブログ&コラムは、全国のメンバーにより毎日投稿されています。

本日は私雨漏り110番岩手店の菊池が担当です。今回で4度目の投稿となります。

 

 

雨漏り110番が雨漏り多発物件を買ってみた!❶

 

本日の雨漏り110番コラムは、雨漏り110番岩手店の菊池が担当します。

宜しくお願いします。

 

雨漏り110番のチャレンジ、雨漏りのデパートを購入

先日、雨漏りが多発している建物を購入しました。

築40年超、空き家期間が10年程、補強コンクリートブロック造の陸屋根物件です。

一般的には、雨漏りしている建物を喜んで購入する方は滅多にいないはずです。

大きな故障を抱えているわけですから、資産価値も大幅な目減りをします。

最近は、中古住宅の流通でもホームインスペクションが一般的になってきました。

インスペクションにおいても、重要な項目が雨漏りです。

雨漏りしているとなると、購入希望者も購入意欲の減退を招くのは間違いありません。

雨漏り物件は通常の中古住宅流通からは外れてしまうほど、大きなハンデを背負うことになります。

 

なぜ、雨漏り物件を購入したのか?

我々は日々、雨漏りでお困りの方からのご依頼で、雨漏り調査及び工事を行なっております。当然、お客様からすればできるだけ低予算で完治することを望まれます。

我々も協議の場で様々な工法・手法を提案し、解決に向けて力を尽くすわけです。ただ、お金をいただいて工事する訳ですから、確実に結果の出る(と思われる)内容しか提案できません。チャレンジングなことはお勧めできないのです。

「自社物件だったら、チャレンジし放題だ!」

これが購入の大きな理由です。

失敗覚悟で、様々な工法、手法を試せるのです。

雨漏り退治の実験棟購入、これが本当の目的です。

 

雨漏りデパートの現況

物件概要

構造・規模:CB造/S造ALC 地上2階地下1階

防水層:塩ビシート機械固定工法・ウレタン塗膜密着工法

経年時:竣工後40年超 10年程前にリフォーム歴有り

 

以下現況

 

写真1

屋上概観

 

写真2

2階漏水状況

 

写真3

1階漏水状況

 

写真4

サンルーム漏水状況

 

まだ契約前なので、詳細な現調は出来ておりません。

 

当該建物は、以下の通り雨漏り危険ポイントが多数あります。

 

・CB造にS造を増築

・屋上の塩ビシート防水に手摺が貫通

・外壁塗膜の劣化が顕著(ほぼ無い)

・後付けサンルーム有り

・地下室有り

・一部スチールサッシ

一次診断の状況ではありますが、上記項目にほぼ全て雨漏り現象が見られます。

地下室は、酸欠等危険があるため未確認です。

 

次回から、詳細な調査に入ります。

 

 

私達、雨漏り110番グループはお客様のご要望と現状の劣化状況を踏まえ、常に最善のご提案を心掛けております。雨漏り案件及び建物の保護の面からも、是非お声掛けください。問題解決に向けて、全力で取り組ませていただきます。

 

2019年6月27日 雨漏り110番岩手店 菊池裕悟

2019.05.16

総合

雨漏り110番ブログ&コラム投稿しました。

 

 

雨漏り110番ネットワーク会員による雨漏りブログ&コラムは、全国のメンバーにより毎日投稿されています。

本日は私雨漏り110番岩手店の菊池が担当です。早くも3度目の投稿となります。

今回は特殊な雨漏り事例です。自走式立体駐車場の雨漏り事例を紹介しました。

少々マニアックかもしれませんが、雨漏り110番岩手店の活躍をぜひご覧下さい。

雨漏り110番ブログ&コラム

 

 

2019.04.10

遮熱工事

熱って不思議。輻射熱の驚異的な破壊力とは?

 

3種類の熱

 

熱移動には伝導熱・対流熱・輻射熱の3つの形態があります。

 

このうち、輻射熱を制御することが最も重要ということは以前に述べたとおりです。

今回は身近な例で、輻射熱を説明したいと思います。

 

 

電子レンジで魚を焼く

内部温度25度の電子レンジに5度の魚を入れた場合、伝導熱が魚に伝わって行きます。

でも、なかなか温度は上がっていきません。熱の量が少なく、スピードも遅いためです。

で、電子レンジのスイッチを入れます。

輻射熱の照射で魚は短時間で焼けます。

なぜか?

輻射熱は光線のため、スピードが早く、熱量も多いため短時間で加熱するのです。

伝導熱はゆっくり伝わる柔らかい熱、対して輻射熱は速く鋭く強い破壊力を持った熱と言えます。

 

夏の晴天時、この電子レンジ内で起こっていることと同様な現象が起こっています。

建物の屋根と外壁です。

日射は、強力に建物外皮を焼いています。

そこで生じた熱は、さらに室内に照射します。

仮に室内を冷房で冷やしていても、天井や壁からは輻射熱が侵入し、室温以上に人に暑さを感じさせるのです。

 

2019.04.07

遮熱工事

驚きました!私が実体験した工場遮熱の効果

私達は、遮熱の効果をお分かり頂けるように、様々な体感キットや実験器具を用意して実際にお見せしております。

温度計の数字を見れば納得、更にさわっていただければ効果の程に驚きを隠せない方がほとんどです。

先ずは体感していただくこと、遮熱をご採用いただくには、これをなくしてはあり得ません。

 

ただ、実際建物に施工した後、以前とどのくらい違うのか?効果はどのくらいあったのか?

これは、実際に建物を使用している方でなければ分かりません。

「以前と違って、熱気を感じなくなった」

「電気代が下がった」

「高温警告のアラームが鳴らなくなった」

など、ユーザー様からはご好評を得てはいるのですが、我々が効果を体感することはほとんど無いのです。

 

しかし、昨年夏、幸運にも体感する機会をいただいたのです。2年ほど前に遮熱工事を施工させていただいた花巻の工場様より、床改修工事のご依頼をいただきました。

それも夏季休業時に施工してほしいとのことでした。

機械は全てストップ、5日間だけは完全にお休みになるとのこと。

エアコンも停止、天井換気扇だけ稼働という状況でした。

 

昨年の夏も暑かったですよね。

工事期間内の最高気温は、34度を超えました。

この暑さの最中、空調はおろか、扇風機もない建物内の工事は過酷です。

窓も全て締め切っており、断熱材もほぼ充填されていない建物です。

 

で、作業開始です。

吹き出す汗と戦いながら、の作業になるはずですが、意外や意外、平気なのです。

室温は決して下がっていません。外気温が30度なら室温もほぼ同じです。

ただ、体感はまるで違ってました。暑さをほとんど感じません。

建物内に入ると、大げさかもしれませんが、汗が引くんです。

遮熱の本質は「絶対的日陰」の空間を作ることです。

輻射熱が遮られた空間は、30度でも暑くないんです。

我々がご提供する遮熱材という商品に、大きな自信を感じた瞬間でした。

 

ご紹介したい遮熱の効果はまだまだあります。

話を聞きたい、又体感キットを試したいという方、ぜひお気軽にお声をお掛けください。

 

お問い合わせはこちらです

 

0120-195-110  菊池まで

 

2019.04.05

雨漏り補修

雨漏り110番ブログ&コラム投稿しました。

 

雨漏り110番ネットワーク会員による雨漏りブログ&コラムは、全国のメンバーにより毎日投稿されています。

本日は私雨漏り110番岩手店の菊池が担当です。2度目の投稿となります。

当地のような積雪地限定の雨漏り事例を紹介しました。

積雪地、寒冷地にお住いの方は参考になるはずです。

ぜひご覧下さい。

雨漏り110番ブログ&コラム

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る