屋根塗装工事

劣化のダメージは1番は屋根


 屋外にさらされた塗装(塗膜)は、紫外線を受けて光沢が無くなり変色、退色が進んで劣化していきます。屋根の塗膜効果が無くなると、サビや劣化につながり、寒冷地では凍害も頻発して雪解け水が侵入したり、いずれも雨漏りへとつながります。 屋根は各家々で違う素材を使用している為、メンテナンスもそれぞれ違います。 屋根の塗替え時期は10年から15年が目安ですが、素材や周囲環境によっても耐久年数は変わります。
 弊社では、コスト・意匠・機能の全てのバランスをとる為に、使用する塗料にこだわりご提案させて頂いております。

 

塗装工事の作業について

 塗装工事にとっては、下地処理が最も重要です。 入念に高圧洗浄を行い、汚れ・付着物を除去し、補修や欠損部補修も必須です。 もし、これらの作業をおざなりにすれば、どんな高級な塗料を塗っても本来の性能は発揮できません。 人に例えれば、洗顔しないでお化粧をするようなものです。
  建物の適切な維持管理の観点から、塗装と同時に必ず改修をおこなうべきです。 但し、屋根の種類と塗料との相性がありますので、知識のない業者ではトラブルになるケースもあるので注意が必要です。

 

塗装工事の見積りについて

 塗装工事は、規格品の工業製品と違い、価格の算出が複雑になります。 個々の現場の劣化程度・作業性・工法・地理的条件・使用材料・塗り回数などにより見積金額は全く違ったものになります。
 施工会社選びのポイントとして最も望ましいのは、直接受注し自社で施工する専門業者ということになります。 その専門業者の中から、不良・不適格業者を見極めるポイントとして、県の建設業許可業者かどうか。というのが一応の目安になります。 建設業許可を取得するには、営業経歴や財務内容などが基準を満たしたうえ、専任の公的資格を持った技術者が在籍しているかなど、ハードルが結構高いので一応のフィルターにはなると思います。



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る