屋上・屋根防水工事・基礎修繕工事

北日本外装の防水工事は責任施工!

 既存の防水工法や屋上の使用状況、基礎の状態等を考慮して、お客様と建物にとって最適なプランをご提案します。 実績多数・経験豊富なスタッフが丁寧な仕事であなたの大切な建物を守ります。
  相談・見積もり無料です。まずはお気軽にご相談下さい。

防水層の劣化

  一般的に木造戸建住宅に採用されている塩ビシート防水は、経年劣化で硬くなり、入り隅部の膨れ及びジョイント部分の剥がれ等が発生しやすくなります。 同じく、ここ10年間ほどで急速に普及したFRP防水は、防水層そのものの傷みは少ないものの表面の保護塗装(トップコート)はやはり雨水・紫外線等の影響により劣化します。 一方、鉄筋コンクリート造のアスファルト防水にしても、恒久的な耐久性はありません。

 新築後、10年程度経過しましたら専門業者(塗装屋さんではなく防水専門業者)の点検を受けられることをお勧めします。 ダメージが小さい時点での補修は、 比較的コストも少なく済みます。 メンテナンスを先延ばしにしてダメージが大きくなった場合、補修のコストも大きくなりがちです。 早期の適切なメンテナンスが、結果的に建物の維持費を圧縮できることになります。

                                                                                                     

  

防水工事の作業

 新築・改修工事ともに、防水工事の品質は下地の状態によって大きく左右されます。 モルタル等の下地の表面が平滑でなかったり、凍害や浮きの発生よって強度が落ちているところにそのまま防水施工をすれば本来の性能は発揮できません。 もちろん施工時に、下地が濡れてたり、埃や汚れが付着したままでは接着不良を起こしてしまいます。 下地の平滑性・強度・乾燥・清掃が、防水性能と耐久性に大きく影響を与えます。
 改修工事では、上記のような下地調整作業が、防水工事そのものよりもむしろ大切な場合もあります。 下地調整をどの程度しっかり施工するかによって、同じ仕様、同じ防水工法でも、業者によって工事金額や工期はかなり変わってきます。 下地調整が甘いと、工事後わずか数年で防水層が剥がれたり破れる場合もあります。
 業者の選択においては、下地調整の重要性をどの程度認識しているのか、質問してみるのも良いかも知れません。
  ※一般に塗装業者さんが防水工事を行う場合、下地調整を軽視する場合が多いようです。 仕上がってしまえば見えなくなるところです。 工事後は隠れてしまうところに、どれだけこだわり手がけていてくれるか。 プロの仕事として重要な部分ではないでしょうか。

 

     

基礎のひび割れ補修

 基礎は建物が沈んだり、傾いたり、ゆがんだりすることのないように、上部建物の荷重をしっかりと地盤に伝える為のものでとても大切な部分です。 その名の通り”縁の下の力持ち”だといえます。 わずかなひび割れ(クラック)でも放置していると、コンクリートの中性化や内部補強筋の発錆・腐食が進行してしまい、ついには基礎の耐力低下をまねいてしまいます。 ”縁の下の力持ち”は人知れず泣いているのかもしれません。

2液性のエポキシ樹脂でクラックを基礎と一体化!

 

 

■品確法が定められました■

 住宅の性能を明らかにし、その性能を持った住宅をきちんと引き渡す仕組みが作られました。 基礎のコンクリートのひび割れには気付くことが少ないと思いますが、そのために基礎コンクリートの寿命は短くなり、住宅全体の寿命を縮める事にもつながり ます。また、0.3mmを超えるひび割れは一定程度の瑕疵を損ずると品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に技術基準がさだめられ、ひび割れへの 早急な対応が迫られています。                                               



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る