スタッフブログ

2020.02.05

塗装

屋根塗装、金額が大きく違うわけは? Part2

こんにちは。staff千田です。

久しぶりの雪でしたね。
あっという間になくなってしまうのが今年の冬らしさ、でしょうか。
花巻市へ行ってきましたが、午後には雪はありませんでした。
運転する身としては、助かります(^^♪

さて、タイトル通り、Part2です。
Part1をまだ読んでいないという方は、そちらから読むと分かりやすいかと思います。

 

↓2/3の記事になります↓

 



さて、改めてこちらの見積書。
塗料は遮熱シリコン塗料を使うようです。グレードとしては主流のシリコン、遮熱も今注目されています。
注目されているだけあって、塗料メーカーは次々に新商品を出しています。
私もいろいろな製品説明会に参加させていただいておりますが、メーカーさんの努力はすごいです。
性能数%を向上させることを日々必死に研究・試作・改善…を行っていたこと、その成果として製品化できたということが
説明会からは伝わってくるのです。

各メーカー商品はどんどん増え、モデルチェンジをしています。
塗料メーカーはものすごい数があります。

勘の良い方はお気づきでしょうか?

遮熱シリコン塗料と言っても、ものすごい数があるのです。
そのうちの、どの塗料でしょう?
その塗料ってどんな性能なのでしょう?

耐用年数は何年なのでしょう?
耐用年数が分からなければ、次のメンテナンス時期が分かりにくいですよね。
もっと言えば、遮熱シリコン塗料の中にもグレードがあって、性能・金額は違います

少々ではありません。
大きく違います。

耐用年数10年のものもあれば、18年のものもあります
しかし、数社取った見積で、使う塗料は同じ遮熱シリコン。
ならば一番安い所がいい!と、安易に決めてしまうと、実はそれは遮熱シリコンの中でも最低グレードのものかもしれません。

さらに、遮熱シリコンという塗料、その種類もものすごいです。
この莫大な数をひとくくりにしてしまって良いのでしょうか…。
カタログを渡していてカタログに書いてあるから…では、ちょっと親切さが足りない気がするのですが(^^;

もっと言えば、塗料のグレードも書いていない場合もあるようです。

使用材料がウレタンだった(グレードダウンです)ということもあり得るわけです。
見積書には、多くの情報があると分かりやすいですね(^0_0^)

さて、今日はこのへんで(^^)/

 

お問い合わせは、
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る