スタッフブログ

2020.02.03

塗装

屋根塗装、金額が大きく違うわけは? Part1

こんにちは。staff千田です。

昨日は家族と来夢くんに行き、いちご狩りを楽しんできました(^^♪
ハウス内は暖かく、冬を忘れてしまいました(笑)
大粒のいちご、たくさん食べてきましたよ!おすすめです(^^)

 

さて、仕事の話に戻ります。

見積りをとると、同じ”屋根塗装”という項目なのに値段が違う。
しかも㎡(もしくは坪)で数百円~千数百円
屋根全体でみると数万円、もしかしたら10万円以上違う!

このような経験のある方も、少なくないのではないでしょうか?

業者によって金額が違うのは当然だけど、大幅に違うのはなぜ?
違いがよくわからない=同じ内容なのでは?

それなら安い方がいい?

私も、上記が本当であれば安い方にお願いするでしょう。
しかし、実は同じではないということがほとんどです。

違う内容なのだから金額が違って当然。

しかし、お客様がそこまで知った上で決定されているでしょうか?
私は、そうではないケースの方が多いように感じます。

そこで、見積書の見方や、見えない部分についてご説明いたします。
(たくさんありますので、何回に分けてになるかと思います(^^;)

 例えばこちらの見積書。



簡単に左側から
工事内容、使用材料等、単価とあります。
いかがでしょうか?高いですか?安いですか?

私個人の回答としては、分かりません。
これでは情報量が少ないように思います。
さて、例えば、塗装回数は何回でしょうか?記載はどこにもありません。
錆止め共とあるので、錆止めを塗って仕上げを1~2回かな?と思います。
が、これはあくまでもそうかな?です。

”1~2回かな?”と書きましたが、1回と2回では大違いです。
塗料代、乾燥期間、塗る人件費、塗料の強度・つまり耐久性などなど…
これが同じ金額ではとてもできません。
ましてや、1回と3回ではその違いはさらに大きくなります。

口約束で「3回塗りますよ」という話があったのかもしれませんが、紙面で残った方が安心ではないでしょうか?
後から言った、言わないのトラブルはなくなるかと思います。

見積書をもらって記載がなければ、追加してもらうことをおすすめします(^0_0^)

まだまだありますが、それはまた次回。

 

お問い合わせは、
フリーダイヤル:0120-195-110 または、メールやLINEでお願いいたします。

LINE登録は、こちらからお願いします!↓
LINEでは快適生活の為の耳寄り情報や最新情報、 ラジオ生放送のお知らせなどもお届けいたしますので、ぜひご登録をお願い致します(≧▽≦) 

  
 →http://nav.cx/2bCv3Q

 

また、YouTubeでの動画配信も行なっております。
塗装・防水・遮熱など工事の様子、現地調査の様子、ドローン調査の様子など随時アップしています。






北日本外装チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UC9nvv3WIdhldFzMmf_ugp4Q
こちらも一緒に、チャンネル登録を宜しくお願い致します<m(__)m>

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る