スタッフブログ

2019.11.26

遮熱

遮熱施工現場にて ~高温箇所ver.~

こんにちは。staff千田です。

タイトル通り、とある製鉄所様の遮熱施工に立ち会っております。
製鉄所ですので、炉からの輻射熱は予想以上にものすごいです。
正面に立つと、この時期でもすぐに汗をかくほどです。

その場所から、遮熱材を貼り付けた場所に移動すると…汗はかきません!
ウソのようですが、事実です。
本当に、それほど明らかな効果があります。

温度測定を行いましたので、どうぞご覧ください(^0_0^)
  ⇓⇓⇓


  シート貼り付け途中。
  左上はまだ押さえていません。

 

 

 

 

 

 

 

 


  炉の表面温度は、
  驚きの115.8℃
  かなりの高温です!

  (めちゃくっちゃ暑い(;'∀')
   なんと表現していいか…とけそう!?)






 

 


  遮熱シート貼り付け箇所は…
  34.5℃。
  これほどの差がでています!

  (ちょっと、ずれただけでも
   体感もかなり、生き返る!本当にちがいます!)










炉付近の作業環境向上はもちろん、炉熱ロスも減少します。

そして、燃料費は大幅に削減されます。

結果として、遮熱の施工費は約1年半で回収可能です。

こちらの企業様も、当然ながらしっかりとしたデータを元に導入を決めていただいております。

遮熱材における設備への施工は、需要が高まっております。
なぜなら、大幅なコストダウンが見込まれる可能性があるからです。

最近は、大手企業様からのお問い合わせが多いです。
はじめは、訪問するだけでドキドキ。
打ち合わせとなると非常に難しいお困りなご相談内容です。
職種や状況、そして環境にもより提案も当然ちがいます。

何がベストか、資料を集め検討し実験して。
と、簡単な案件はございません。

しかし、こうして当社を選んでいただき、『良かったよ。』と言われると
やったー!と、苦労も喜びに代わるのがいいんです。

遮熱材をご検討したい企業様、お電話(フリーダイヤル0120-195-110)又は、メールにてお問合せ下さい。

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る