社長ブログ

2019.11.15

外壁塗装

建築のプロも実はわかっていない、シーリングの色の選び方について

外壁の塗装工事に先立って、大事な工程の一つがシーリング改修です。

 

シーリングとは、外壁の目地やサッシ廻りに充填されているゴム状のものです。

 外壁の水密性、防水性を保つ為、また、外壁の熱や挙動による伸縮に対応するためにも非常に重要な存在です。

 通常、10年程度で劣化が始まりますので、塗膜の劣化とほぼ同じ劣化スピードです。よって、塗装工事と同時の施工が必須となります。

 

工程としては、既存のシーリングを切り取ります。

カッターを両サイドに入れて、文字通り切り取り撤去します。

 その後、テープ養生、プライマー塗布、ガン打ち(充填)、ヘラ押さえといった流れになります。

 

さて、やっと色のお話です。

シーリングの上に塗装をかける場合は塗膜で隠れるので、色は塗装の色と同系色でしたら何でも構いません。(あまり塗装の色とかけ離れると、なかなか隠蔽できずに難儀する事になりますが…)

問題は、最近多く見られるクリア仕上げの塗装の場合です。

色を付けない塗装のため、既存の外壁色がダイレクトに出ます。

新たに施工するシーリングの色も同様となります。表しになる為、お色選びは大事です。

 

このシーリング材、色が数百種類以上あるんです。ほぼ、選びたい放題です。

果たしてどう選べば良いのか?

「外壁の色に合わせればいいんでしょ?」

確かにそうなんです。でも、これって結構難しいのです。

 

写真をご覧ください。

 

クリア塗装で非常に綺麗な仕上がりです。

が、シーリングに目を向けて下さい。

やけに目立ちませんか?

 

次はこの写真をご覧下さい。

違和感を感じないのでは無いでしょうか?

 シーリングの色の濃淡でこれだけ印象に違いが出るのです。

 

もうお分かりのとおり、シーリングの色は濃く!というのが鉄則です。

これを分かっていないと、残念な仕上がりになってしまうかもしれません。

10年に一度のお色直し、是非失敗の無いようお気をつけ下さい。

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る