スタッフブログ

2019.11.07

遮熱

これからは結露が気になる季節!?

こんにちは。staff千田です。

昨日は宮城県まで足をのばし、
遮熱材のプレゼンテーションにお伺い致しました。

こちらの企業様も、夏の暑さや冬の寒さがなんとかなれば…とお困りでした。
今や、暑さ・寒さで困っていない人はいないのではないでしょうか?
と、営業をしていて感じるほどです(^^;

今回はお話の流れから、実は結露がすごくて悩みの場所がある。ともご相談を受けました。
場所は、保冷倉庫

食品工場さん関係は、ほぼ100%お持ちでいらっしゃいますね。
倉庫内は-20℃以下、通路は10℃以上。
この時点で30℃以上の温度差があります。

さらに、湿度などの条件が重なった際に結露が発生するとのことでした。
同じようなお悩みをおかかえの企業様、多いのではないでしょうか?

結露の発生原因の1つの温度差。
この温度差を少なくすることも、遮熱材は非常に有効であります。

実際の施工例で申し上げますと、北上地域の製造業さま。
暑さ対策として、当社の遮熱材をご採用頂きました。

しかし、夏の暑さでの変化はもちろんでしたが、
ご担当者様との会話の中で、『冬は天井から、雨が降るように結露していたんだけど、施工後は1滴も落ちてこなくなった。』と遮熱の効果を教えていただきました。

この結露の原因は、建物内で使用している暖房による熱屋根に積もった雪による温度差です。
遮熱材施工により、もう一つあったはずの問題もいっしょに解決で一石二鳥となったのでした!

各企業様・公共施設様、一般住宅の皆様。
これから、結露も発生しやすいシーズンに突入です。

気がかりでいる皆様、どうぞ一度お問い合わせください(^0_0^)

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る