スタッフブログ

2019.06.08

遮熱

~続編~ ビニールハウス遮熱、効果抜群です!

こんにちは。staff千田です。

近頃は雨の日も多くなり、いよいよ梅雨入りです。
気温差での体調管理は、万全です(*^-^*)ノ
(みなさんを、お待たせしてはいられませんので!)

さて、本題に移ります!
4日の記事は、ご覧頂けましたでしょうか?

本日は、ビニールハウス遮熱の効果のつづきです。

普通のビニールハウス VS ビニールハウス遮熱

地面から1.5mの高さでも、かなり数値の違いがありました。
ハウス上部(約4m)では、さらに数値が開きました。



 まずは、一般ビニールハウス

 WBGTは30.9℃。
 (WBGTについては、4日記事の説明をご覧ください。)
 地上1.5mの高さと比較で、4℃も高い

 

 

 

 


 そして、気温38.6℃
 (ものすごい暑さを感じております。)

 地上1.5mと比べても7.5℃高いです。








みなさん、小学校の理科で学んだことを思い出してみてください!
上にいけばいくほど、室温は暑くなりましたよね。

それでは、ビニールハウス遮熱をさっそく測定してみましょう。 


 こちらは、遮熱ビニールハウス。
 WBGTは27.2℃。
 (WBGTについては、4日記事の説明をご覧ください。)
 地上1.5mの高さと比較で、1.5℃高い。
 (なんと!!たった1.5℃の上昇です!)


 

 

 

  

双方をくらべてみますと、

 一般ビニールハウス(WBGTが4℃UP⤴)
  VS
 ビニールハウス遮熱(WBGTが1.5℃しかUP⤴してない)

 こんなにも、ちがいます!


 
そして、気温33.6℃
 (密閉状態ですが、
   解放した一般ハウスよりも居心地がいい。) 

 地上1.5mと比べても3.5℃高いだけ。

 

 

 

 

 

気温も双方をくらべてみましょう。

 一般ビニールハウス(気温7.5℃もUP⤴)
  VS
 
ビニールハウス遮熱(気温3.5℃しかUP⤴してない)

これが、遮熱をしたことによる温度の均一化なのです。

たとえば、 外の気温が30℃とします。
木陰で休むと『涼しい』と感じますが、ひなたに居ると『暑い!』

どちらも外気温は30℃です。

気温が同じでも、輻射熱がある。ない。では、体感温度は全く違く感じるのです。 

これが、毎日の仕事環境と考えてください。
体の疲れ方が、違ってくるとは思いませんか?

今回は、ビニールハウス遮熱での検証をご覧いただきました。
( 当社の遮熱材は、ご覧の通りの効果です。)


これは、工場、事務所、宿舎、一般住宅用の遮熱工事でも同様です。

とある企業様のお話です。
屋根裏近くで作業をしている者は、
「暑さが全然違う」と、言っていた。
と、ご連絡をいただきました。
( 喜んでいただけて、うれしいです。ありがとうございます。)

職場の環境が改善されたことにより、作業効率もあがり、尚且つ、冷房費も削減された。
まさに、この効果です!
作業場所が地上でも、高所でも、この遮熱をすればかなりの暑さ対策が改善されます!


最近、別な遮熱商品についても問い合わせを受けます。
残念ならが、メーカーがいっている通りの結果にならない商品もございます。
何を重要とし、その商品を選ぶのか。
結果に伴わないものとならないように、慎重にご検討ください。

本格的な暑さ到来の前に!
まずは、お問い合わせ下さい。

最近の投稿



YouTube 北日本外装チャンネル

イオン銀行住宅ローン

雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る