スタッフブログ

2019.03.14

遮熱

〇〇VSサーマルバリアシステム

こんにちは。staff千田です。

今日は、朝の雪にびっくりしましたね(◎_◎;)
タイヤ交換をしていなくてよかった~と、ホッとした瞬間でした。
風も強くて外出は極力控えたくなるような日ですね…。
外出の際は、気を付けましょう。

さて、今話題の当社遮熱材 ”サーマルバリアシステム” ですが、
(お問い合わせが非常に多いです(^^♪ ありがとうございます!)
どれほどの活用効果があるか、定期的に社内実験もしております。

どんな場所や素材に、どのシートをどのように利用すると効果抜群なのか。
導入いただきました企業様にもご協力を賜り、経過確認もしております。

どの企業様も、働く環境改善や経費削減と日々悩まれております。
そして、ご担当者いちばんの関心は、『導入後の成果が知りたい。』です。

ここで、よく質問される遮熱塗料VSサーマルバリアシステム大きな違いですが、
遮熱塗料は、経過するにつれ、機能は低下していきます。
サーマルバリアシステムは、機能低下がほぼありません

それでは、遮熱塗料は効果がないの?
”そうではございません。”
(詳しくお知りになりたい方はお問合せください(^0_0^))

今日はそのうちの1つ。
先週の奥州エフエム放送さんで、ラジオ生放送中に実験した結果をご紹介致します。


 まずは、
 普通の鋼板VSサーマルバリアシステム
 左:普通の鋼板
 右:サーマルバリアシステム

 熱すること約1分…

 

 

 

 


 サーモグラフィーカメラで
 表面温度を測定してみると…
 結果はご覧の通り!

 普通の鋼板ではこの後も
 どんどん温度は上昇しますが、
 サーマルバリアシステムは
 これ以上はどんなに熱しても
 温度は上がりません!

 

 
いかがでしょうか?
サーマルバリアシステムの凄さ、少しはお分かりいただけましたか?

いいえ!まだまだ!!こんなものではございません!
ほかにもたくさんの実験から凄さを証明しています。

その結果はまた後日、随時更新致しますのでお楽しみに(^^)/

また、明日のラジオ放送でも『サーマルバリアシステムについて』お話をさせて頂きます。
皆様、どうぞお聴きください(^0_0^)

最近の投稿



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る