社長ブログ

2019.03.14

遮熱工事

遮熱塗料の正体を暴く⁉︎ 奥州市の塗装店が明かす遮熱塗料の本質とは? Part2

 

果たして、遮熱塗料で室温は低下するのか?

前回は屋根の裏面温度を測って遮熱効果の測定実験を行いました。

結果、効果が無いのでは?と言うことでしたね。

確かに、遮熱塗料を塗ることによって数度室温が下がる、といったことはあり得ません。

しつこいようですが、これができたら魔法です。オカルトです。

ただ、室温は変わらなくとも、涼しく感じることはあるかもしれません。

 

暑さの犯人は、輻射熱だった

ここでイメージしていただきたいのですが、夏の快晴、日は高く気温25度。グランドの真ん中。

この場に立ち尽くしていれば、倒れますよね、熱中症で。

一方、木陰に移ればどうでしょう?

少し風でも吹いていれば、むしろ快適な環境では無いでしょうか?

忘れてはいけないのですが、どちらも気温は25度です。

では何故、こんなに感じ方が違うのでしょう?

この体感温度の違いは、ズバリ輻射熱の影響です。

遮熱で屋根からの輻射熱を防ぐことによって、涼しく感じることができるのです。

気温だけが体感温度を決めるポイントでは無いのです。

そもそも体温が36度もあるのに、たかが気温25度で倒れるっておかしいですよね。

遮熱塗料の概要がおぼろげながら掴めたのでは無いでしょうか(笑)

次回は遮熱塗料の選び方について述べたいと思います。

 

最近の投稿



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る