社長ブログ

2018.02.13

総合

落雪注意!知らなかったでは済まされない、屋根雪止めの重要性①

 

 

今回も冬・雪ネタです(笑)

現在、外はシンシンと雪が降り積もってます。

一旦溶けたようにも見えた屋根上も、また真っ白。

まだ春は遠いようです。

 

実は屋根上の雪って怖いのです

 

さて、雪害って言葉はご存知でしょうか?

建築の分野で言えば、文字通り積雪による建物の損傷を言います。

1番多いのは軒樋(横樋)の破損です。

屋根から滑り落ちた雪が直接当たるのが軒樋です。雪の、最もダメージを長く受ける箇所がこの部分になります。

 

続いて屋根そのものの損傷です。

特に2階の屋根からの落雪で1階の屋根が壊れた!と言うのが定番です。更に積雪の重量に負けて、屋根の軒先が折れるといった災害もあります。

何しろ雪って重いんです。

新雪でも1立法平方メートル当たり150kg、根雪となって固まった雪は500kg以上。

仮にその重さの雪が30坪程度の屋根に50センチ積もった場合、重量は25トン!

軽自動車が30台以上屋根に載ってる計算になりますw

建具の開閉が重くなったりするのも納得ですね。

ましてこんなのが頭上から落ちてきたら

 

3番目、カーポートやフェンス等々

積雪地用のカーポートも、屋根からの落雪には耐えられません。

そうそう、上の2つは火災保険(住宅総合保険)で直せますが、隣家へ被害を及ぼした場合は対象外になります。これって結構もめます。

 

雪害の被害に遭わないためにはどうすればいいのでしょう?

 

豪雪地以外には、適切な雪止めが必要です。

適切な、と言ったのには訳があります。

長くなりましたので、続きは後日。

 

最近の投稿



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る