社長ブログ

2018.02.01

遮熱工事

知らない人は損している?結露は、遮熱工事で解決!編 北国岩手で冬の結露でお困りの方へ 北日本外装の解決策 その2

 

 結露ってなんだっけ?

 

前回、温度差が結露を招くというお話をしました。

湿気を含んだ空気は、冷たい物質に触れると水になるというものでしたね。

逆に言えば、壁や建具の表面温度をあげれば結露しなくなるのです。

 

 

遮熱工事で結露解消

 

こちらは、北上市内、鉄筋コンクリート造・賃貸マンションの玄関ドアです。

スチールドアですので、ほぼ断熱効果はありません。

写真の通り結露が酷く、滴っている状態です。

表面温度は3.1度。断熱が効いてません。冷たいです。

 

遮熱シートを施工してます。

 

施工後

 

貼ってすぐの表面温度は10.4度!瞬時に7度以上上がりました。

ドアを開けたまま作業していたので、壁面は温度が下がってます。

 

見ての通り、劇的な向上です(笑)

 

天井面や壁面、床下に施工すれば室内の温熱環境も大きく変化します。

暖房の効きが格段に良くなり、保温効果も持続します。

 

北日本外装では、遮熱効果を体感していただける出張デモンストレーションを行なっております。

もちろん無料です。ご興味のある方はお気軽にお電話ください。

➿0120−195−110 菊池まで

 

最近の投稿



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る