白アリ防蟻工事

 

  安全①  天然原料無機材料ホウ酸塩 化学合成した有機化学物質と違います! 

  安全②  環境・近隣や家族(赤ちゃん)や犬、猫などにも無害!

  安心①  国土交通省基準劣化検査(蟻害・腐朽)を実施する 

  安心②  最適な駆除と予防の工事を基準にて実施

  安心③  既存住宅の長期優良住宅認定制度対応木材保存

  メンテナンス 

       

世界遺産であり、国宝である、中尊寺金色堂でも実施!

 世界遺産であり、国宝である、中尊寺「金色堂」は平安時代後期に建立された仏堂である。

1990年の大規模な改修工事の際、被覆ガラスの交換と併せ、床下へホウ酸+ガラス繊維の防腐・防虫処理が実施されました。

 

ホウ酸についての豆知識

 

ホウ酸やホウ砂など、ホウ素を含む無機化合物をホウ酸塩と呼び、ホウ酸塩を利用して木造住宅をシロアリから守る技術は、海外では半世紀以上前に実用化され、広く普及しています。また、ホウ酸塩と有機化合物との反応生成物も木造住宅の現場処理剤として実用化されています。これらを総称してホウ酸系木材保存剤と言いますがホウ酸と呼よんでいます。ホウ酸は人体に影響を及ぼすことはありません。

   日本では、平成26年3月からホウ酸が住宅の木部処理剤として

   長期優良住宅やフラット35住宅に使用できるようになりました。

 平成26年度から始まった長期優良住宅化リフォームでは、中古住宅の耐震、省エネルギー、劣化対策などの重要な性能を一括して向上させることが要求されています。

ここでも、ホウ酸の出番なのです。

 現状、日本だけがシロアリ予防の目的で人的にも被害のある合成殺虫剤を住宅木部に塗布することを認めています。しかし健康社会とも言われる日本では、安全で健康な住生活を享受できるようにするためにも、ホウ酸処理の普及を急ぐよう警鐘を鳴らされています。

シロアリの生態をご存知ですか??

  東北で発見されているシロアリのほとんどが「ヤマトシロアリ」です。体や翅が黒味を帯びているのが特徴です。4月〜5月にかけて群れで空に向かって飛ぶため、飛んでいる翅アリを見つけてシロアリがいることに気付く方が多いのが現状です。翅アリは成虫の為すでに幼虫がいることになります。幼虫には2種類いて①ワーカーと呼ばれる労働専門の幼虫。②ニンフと呼ばれる繁殖専門の幼虫。新築の住宅にはシロアリが発生することはほぼありませんがシロアリは水を運ぶ能力が低く、水場近くの木材をかじる習性があります。水場の近くに木材が無くなると退散することがわかっています。水場としては、風呂・水道の水漏れ・雨漏り・盛り土・花壇などがあります。以上のことでわかるように住宅という場所はシロアリにとって格好の餌場になっているのです。豆知識で紹介したホウ酸で防アリ・防腐・駆除することが大切なのです。



雨漏り110番

NPO法人 雨漏り診断士協会

株式会社アステックペイントジャパン

▲トップへ戻る